お問い合せフォーム

〒516-0012
三重県伊勢市通町605
TEL 0596-22-4144
FAX 0596-22-4154

会社情報の詳細はこちら
about

泥状の状態とは、標準ダンプトラックに山積ができず、また、その上を人が歩けない状態をいい、 この状態を土の強度を示す指標でいえば、コーン指数がおおむね200kN/㎡以下または一軸圧縮強度がおおむね50kN/㎡以下である。 しかし、掘削物を標準ダンプトラック等に積み込んだ時には泥状を呈していない掘削物であっても、運搬中の繰り返しにより泥状を呈するものもあるので、 これらの掘削物は「汚泥」として取り扱う必要がある。 土砂か汚泥かの判断は、掘削工事に伴って排出される時点で行うものとする。
「建設工事から生ずる廃棄物の適正処理について」(平成11年3月23日)

建設汚泥の発生する現場例
場所打杭 リバースサーキュレーションドリル ベントナイト廃液の処理
アースドリル工法 同上
BH工法 同上
地中連続壁 BW工法 同上
クラムシェルバケット工法 同上
注列杭式 SMW工法 セメントミルクの処理
高圧噴射攪拌 CJG・JSG・CCP工法等地盤改良 同上
シールド工事 泥土圧シールド・推進工法 ベントナイト廃液の処理
※上記土木工事以外に、ダムやトンネル工事等の濁水処理で発生するスラッジ、砕石工場や生コン工場で発生するスラッジ、 浄水場残渣、二次製品工場等で発生する汚泥についても"産業廃棄の無機汚泥"に該当し、オデッサシステムによるリサイクルの対象となります。