お問い合せフォーム

〒516-0012
三重県伊勢市通町605
TEL 0596-22-4144
FAX 0596-22-4154

会社情報の詳細はこちら
about

建設残土・汚泥を改質する最も簡単な方法は、セメントを添加し、混合するもので、セメント中のアルカリ性と、 土のケイ酸とアルミ成分が反応して、エトリンガイドという水硬化性の結晶となり、強度が高まるという方法です。
その他、セメントより経済的な消石灰、生石灰(これらは有価物である)や石灰アルカリ性の廃棄物で分離される粉末等を添加させる方法等があります。 従来の工法では、ストックヤードに直接上記のような凝固剤を投入しバックホウ等で撹拌して凝固するのを待っていましたが。 この工法ではストックヤードを何個も作り、ローテーションするかその間、工事を中断させなければなりませんでした。また雨や雪などの天候により工期が左右されていました。
オデッサシステムでは、プラントに直接汚泥を投入し、高分子固化剤を添加、ミキサーで混合・撹拌することにより1バッチ(弊社プラントでは約500Kg) あたり5分程度でダンプカーに積載できるまでに汚泥を凝固することが可能で、天候に左右されることもありません。もちろん、汚泥処理の間の本工事中断の必要はありません。 しかも泥水、煙、水蒸気、ガス悪臭、粉塵等の2次副産物を一切発生しません。

 

about

建設汚泥の定義はあいまいな部分が多く、各地域で若干異なる解釈がされていることがありますが、 建設汚泥とはシールド工法や基礎杭の打設時に発生するベントナイト廃液やセメントミルク等のほか、 建設工事に係る掘削工事に伴って排出されるもののうち、含水率が高く粒子が微小な泥状のものは、 無機性汚泥(以下「建設汚泥」という)として取リ扱うこととなっています。

 

about

産業廃棄物としての無機性汚泥は、工場排水などの処理後に残る泥状のものおよび各種製造業の製造工程において生ずる汚泥のうち、 無機性の性状を有するすべてのものであり、無機性汚泥に分類されるものは 多岐にわたります。

 


about

盛土・埋め戻し材・路床材・築堤材などとして様々な用途に活質基準値(コーン指数:400kN/㎡)以上を短用できる強度を確保。
第三種処理土の品時間で確保。(「建設汚泥処理土利用技術基準」国交省)
降雨などによって「再泥化」はしない